ページ

2017年4月30日日曜日

2017年 青春18きっぷ春の旅。最終日の温泉は伊豆 湯ヶ島温泉 河鹿の湯。





わさびソフトが食べたくて浄蓮の滝までやってきた。青春18きっぷの旅、最終日はザ・観光地!のつづき。

青春18きっぷ春の旅、最終日の今日ももちろん〆は温泉。




浄蓮の滝から湯ヶ島温泉 河鹿の湯まで向かう。3.4km、徒歩44分。微妙なところだ。決して歩けない距離ではないのだが、今までの疲れがどっときてしまい、運動不足のアラフィフ女にはもう無理。

自分に優しくっ!バスで向かうことにするよっ!!



浄蓮の滝から東海バスで6分(250円)。湯ヶ島温泉口で下車。



バス停近くの小径、湯道(共同湯へかよつた道)を通って向かうことに。



アスファルトに模様が。紅葉かな?



手書きのカワイイ地図。
所々に地図があるから安心だ。



湯道の風景。
浄蓮の滝と違ってここは静かだ。おばちゃんしか歩いてない。



そして、ここにもやっぱり廃墟が。
温泉街の厳しい現実。








むっ?バス停があるぞ。西平橋、ここで降りれば目的地の河鹿の湯までわずか2分だ。
しかし本数が少なそうだから、やっぱり湯ヶ島温泉口で降りるのが正解か?湯道のお散歩もなかなか楽しかったし。








川端康成がこよなく愛し「伊豆の踊子」を執筆した宿、湯本館 の 隣の共同温泉 河鹿の湯へ到着。



券売機で協力券を購入。
大人300円



協力券入れ。外来客はこちらへ入れる。



女湯。



脱衣所。




小さい内湯が1つ。
内湯しかないけど、窓の外には狩野川が流れていて、なかなか良い感じである。



河鹿蛙(カジカガエル)の親子からドバドバと熱めの湯が勢いよく注がれる。清潔でさっぱりめのイイ湯だった。ちょっと熱すぎるけどね。

到着した時は誰もいなかったが、地元のおばさま方が次々と訪れ、6人になって満員状態。

しかし湯が熱めで長湯は出来ない。地元の方々は身体を洗って、さっさと上がっていった。おばちゃんと違って、ここへ来るのは日常で生活の一部なのだろう。

ちょっとだけ1人で温泉を味わってから、来た道を戻り、バス停まで歩いた。




2017年 青春18きっぷ春の旅はこれでおしまい。

夏はどうするかな~?暑いし止めておこうかな?ちょっと弱気なおばちゃんです。


<河鹿の湯(かじかのゆ)> (共同温泉)

〒410-3206 伊豆市湯ヶ島1650-3

源泉かけ流し

カルシウム、ナトリウム硫酸塩泉

料金 300円

鍵付きロッカー なし
カラン あり
シャワー なし
ドライヤー なし
リンスインシャンプー なし
ボディーシャンプー なし


応援して頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



2017年4月29日土曜日

わさびソフトが食べたくて浄蓮の滝までやってきた。青春18きっぷの旅、最終日はザ・観光地!





何があっても もういいの
あなたと越えたい 天城越え



恋は盲目。

浄蓮の滝へやってきた。

あっ、青春18きっぷ(春)5回目!最後の旅は海が見える駅、根府川駅でぶらり途中下車の旅。のつづきだよっ!


伊豆箱根鉄道駿豆線 修善寺駅で下車。

JR以外の電車に乗ってたまるかっ!これでもかってぐらい青春18きっぷを駆使してガッツリ元をとってやるぜっ!と息巻いていたおばちゃんだけど、連日の日帰り旅行でヘトヘト~。

もう考えるのが面倒になって、わさびソフトでも食べに行くかってことになり......。だけど伊豆へはJRでは行けないのよね。まぁ、いいか。5回目の旅は貧乏人とは思えない贅沢な旅。ソフトクリームを食べるために伊豆までやってきてしまった。

うん、なんだかお金持ちになった気分だぞっ!



修善寺駅から東海バスで浄蓮の滝まで。やはりICカードは使えないので事前に乗車券を買った。窓口には長い列が出来ていて、出発1分前にようやく買えた。

修善寺駅から浄蓮の滝まではバスで35分、820円。




バスを降りたら目の前の駐車場に観光バスが何台か停まっていて、観光客で溢れていた。これまでの旅とは随分違う。青春18きっぷの旅、最終日はザ・観光地!




睡眠不足と空腹でちょっとふらふらする。着いたばかりなのにもう歩けない......。

そこで早くも今回の旅の目的を果たしてしまう。わさびソフトを買った。ネットで見たのはバニラソフトの脇に生わさびがちょこんと載ってるやつだったんだけどなぁ。なんかちょっと違った。ここにはないのか?

まぁ、お腹は満たされたし、少し元気になれたからいいか。


階段を下りて、浄蓮の滝とわさび沢を見に行く。
旅で歩きすぎたため、階段が辛い。膝がイタイ......。



浄蓮の滝。



2回目の旅で見た安倍の大滝は乙女の滝とも呼ばれていて、しっとりと美しい滝だったが、浄蓮の滝はドヤッ!て感じで勢いよくドバドバと流れ落ちてくる迫力のある滝だ。

参考記事 青春18きっぷ(春)2回目の旅はオクシズで安倍の大滝!山と滝を独り占め!!



振り向くと、わさび沢。



滝周辺は観光客で溢れていたけれど、ここは静かだ。



川で鱒釣りも出来るらしい。本日は悪天候のため臨時休業。



本日のランチ。
わさびじょうゆ串だんご。甘辛で旨いっ!



そして、食後のデザート。本わさびアイス

あれっ、おばちゃん、さっき食べなかった? いやいや、いいんですって!わさびアイスを食べに遥々やってきたのだから。

そうそう、こういうの!これのソフトクリーム版が食べたかったのだ。ソフトクリームではないけれど、食べることが出来て良かった。

生乳で作ったバニラアイスにすりおろした本わさびとわさび塩をトッピング。わさびは注文後にすりおろしてくれるよっ!






浄蓮の滝を遠くに眺めながら本わさびアイスを食べた。ちょっと寒かったけど美味しかったなー。生わさびってそんなに辛くないんだよね。マイルドで上品な辛さだ。

浄蓮の滝でわさびアイスを頂くなら、わさび沢近くの丸岩安藤わさび店がおススメ。ちなみにおばちゃんが食べたかったわさびソフトは道の駅天城越えにある天城わさびの里で食べれるみたい。



せっかくだから生わさびを買った。小さいわさびが2個入って600円。お買得!


<丸岩安藤わさび店 浄蓮の滝支店>

わさびじょうゆ串だんご 130円
本わさびアイス ?円(失念)
本わさび(2個入り) 600円


さて、そろそろ階段を上ってバス停へ向かうか。
階段を上る途中、これから滝を見に行くおじいさんが、ハァハァ言いながらおばちゃんに聞いてきた。

「この階段はまだまだ続くの?」

「はい、残念ながらまだまだ続きます。頑張ってください!」

「ひゃあ~~!!」

おじいさん、無事辿り着いたかな?



バスに乗る直前に売店で黒ビールを買った。ビーワサのルービーのロークー
わさビーチクとか......。ふざけ過ぎっ!!

ビールが苦手なおばちゃんだけど、ラベルにつられてつい買ってしまった。

さぁ、今日も温泉で旅を〆よう。旅の終わりはやっぱり温泉!


浄蓮の滝
〒410-3206 静岡県伊豆市湯ヶ島892-14

東海バス
修善寺駅→浄蓮の滝 35分 820円


応援して頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



2017年4月26日水曜日

青春18きっぷ(春)5回目!最後の旅は海が見える駅、根府川駅でぶらり途中下車の旅。





とうとう最後の旅となってしまった。

そういえば暫く海を見ていない。久しぶりに海へ行きたくなった。

ということで5回目の旅は相模湾を望む海が見える駅、JR東海道本線 根府川駅でぶらり途中下車の旅。



赤い瓦屋根の小さな無人駅。

乗客はみな簡易Suica改札機にICカードをかざしていた。しかし、おばちゃんは青春18きっぷなので、ICカードをかざすことも切符入れに切符を入れることもしない。ポケットに両手を突っ込んだままなにもせずそのまま駅を出た。

キセル乗車だと思われなかっただろうか?少し不安である。









駅を出て、海の見える郵便局の方へ進む。



釈迦堂入口の階段を下りる。



海に向かう途中に釈迦堂へ寄った。



白糸川と桜



釈迦堂

階段で地下へ下りる。



大正12年(1923)、関東大震災でこの付近一帯が埋没した。しかし釈迦堂だけは奇跡的に全くの無傷だったことから、霊験ありと多くの参詣者が訪れる。





桜と白糸川橋梁。
絵になるな~。




誰もいないこの場所でひとり花見をした。
一人静かに美しい桜を眺め、しみじみ春を感じる。贅沢だな。



海岸へ辿り着いた。ここも誰もいない。



ザッバーン!

まだ冷たいのかな?波打ち際まで行きたいけれど、磯浜なので歩きづらい。転ばないように慎重に。







ぎゃっ!!
フナムシがびっしり......。残念だけどこれ以上は進めないや。

少し下がって座り心地の良さそうな石を探して座った。20分程ただ海を眺めていた。



みかん畑へ続く小径がなんだか凄くかわいい。



階段。



根府川駅へ戻る。

さて、青春18きっぷ最終日の目的地へ向かうとするか。


応援して頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



オススメ記事